Guki Cellars

連絡先 : 045-232-4499
サインアップ | 登録

品目 : 0
合計金額 : 0
カートの中を見る

ドメーヌ・セバスチャン・ダンプ、ミリィ・シャブリ

150年以上の間、ダンプ家は30ヘクタールの自分たちのエステイトでシャブリを育て、ワインを生産しています。その畑の半分はプルミエ・クリュ・シャブリで、いわゆる“ヴァイヨン(Vaillons)”、“リス(Lys)”、“フルショーム (Fourchaume)”、“コート・ド・ルシェ (Cote de Lechet)”、“ボーロワ (Beauroy)”です。残りの半分はシャブリAOPです。(父親のダニエル、息子のセバスチャンとヴァンサンの)ダンプ家の3人は一緒に働いていますが、彼らの一人一人は自分のドメーヌの名前の下で自分のシャブリも生産しています。


concrete-egg-sebastien-dampt_resize.jpgセバスチャン・ダンプは(バーガンディの)ボーヌでオノロジー(ワイン醸造学)を学び、バーガンディの様々なエステイトで修業し、その後オーストラリアで働きました。2007年、彼は継承した6ヘクタールに自分のドメーヌを設立しました。彼のブドウは、シャブリをとても有名にした化石化した海洋生物がいるキンメリッジ期の石灰岩や泥灰岩を含んでいる石灰質粘土の畑で、有機的に栽培されています。彼は自分のワイン醸造設備を考案し、建設しました。その設備には、ワインに丸味と濃縮感をもたらすことで知られている、洗練されたたまご型のコンクリート発酵樽(コンクリート・エッグ)も含まれています。この樽はミクロ・オキシジェナシオン(Micro-oxygenation)をもたらすことでも知られていますが、オークのアロマはありません。

年令が若いのにもかかわらず、セバスチャン・ダンプは子供の時から素晴らしいシャブリを造りながら暮らし働いてきたので、優れたシャブリを造る長い経験があります。2016年、彼の2014プルミエ・クリュ“コート・ド・ルシェ”は、“シャブリ・ワインコンクール2016”のベスト・プルミエ・クリェ部門で銀賞を受賞しました。まだかなり若いワイン醸造者にとっては、偉大な功績でした。

エステイトノート

エステイト 6Ha ヴィンテージ 清澄処理 ベントナイト
ブドウ畑 1,5Ha 標高 畑の方角
1ヘクタールあたりのワイン生産量 収穫方法 手摘み 土壌 石灰質の粘土、キンメリッジ石灰岩と泥灰岩
1ヘクタールあたりのブドウ収穫量 選別方法 ろ過処理 年間生産本数


オンライン
安全決済

グキ・セラーズ ・ジャパン株式会社
231-0862横浜市中区山手町155-7

Tel : 045-232-4499
Fax : 045-623-7906