Guki Cellars

連絡先 : 045-232-4499
サインアップ | 登録

カート
品目 : 0
合計金額 : 0

カートの中を見る

スペインワインの格付け (等級)

何千年間も、ローマ人がヒスパニアと呼ばれていた国を征服するよりずっと以前から、スペインではぶどうが栽培されてきています。今日ではスペインは世界で第3位のワイン生産国で、ぶどう栽培面積は世界第1位です。400 以上と言われている固有品種の使用が最も多い国でもあります。長い間スペインは、早飲みタイプの地元で消費するためのシンプルで、強いアルコールの量産ワインを造ってきました。フィロキセラ害虫がフランスのぶどう畑を荒廃した後、19世紀にフランスワインの生産者たちがスペインに到着して以来、事態はやや変化しました。彼らの専門技術と知識はスペインのワイン、特にリオハのワインの品質を向上させました。1926年、リオハにて上質ワインの生産を規制する 第一歩が踏み出されました。1975年にフランシスコ・フランコの死後、特に1986年スペインがEU (ヨーロッパ連合) に加入した後、品質改善は加速しました。スペインは国際的なワイン生産技術を導入して、ワインを造り始めました。そのためワインの品質は一流として認識され、同様にその結果、低品質の量産ワインの生産が減り、より高品質のワイン生産が大幅に増えました。

スペインのワインの格付け制度はフランスやイタリアの格付け制度と類似しています。1932年に最初の規定が制定されました。1970年に更新され、その後、EU (ヨーロッパ連合) 規定の各条項に適合するよう調整されました。INDO, the Instituto Nacional de Denominaciones de Origen (原産地呼称庁) は規定を管理する全国的な機構です。しかし、各原産地がそれを管理・運営し、さらに、ぶどう栽培者、商人、ワイナリー、農業省の代表者たちによって成り 立っている生産地域統制機関がこの業務を支えています。一体となって、適切な境界線、ぶどう品種、アルコールの度数、許可された畑、その他の生産地域のぶどう栽培とワインに関する事柄などを取り決めます。スペインには5つの格付けがあります。

 

DO de Pago, ”Denominacion de Origen de Pago” (畑限定原産地呼称)

わずか10の (地方でも生産地域でもなく) エステイトのぶどう畑だけを (非常に厳しく) 規制しているそれなりに極めて個性的な格付けです。これらのエステイトの全ては国際的に名が知れ渡っています。将来、格付けの名称は VPP (Vino de Pago Protegida) に変更されるかもしれません。

 

DOCa, ”Denominacion de Origen Calificada” (統制保証付原産地呼称)

イタリアのDOCGと類似しており、認められた生産地域とワインは首尾一貫した高品質の実績がなくてはいけません。制定以来、3つの生産地が認められています。つまり、1991年に最初の地方としてリオハ、続いて2003年にプリオラート、2008年にリベラ・デル・ドゥエロです。格付けの名称は DOPCa/DOPQ (Denominación de Origen Protegida y Calificada/Qualificada) に変更されるかもしれません。

 

DO, ”Denominación de Origen” (原産地呼称)

スペインで生産されるワインのほぼ3分の2がこのカテゴリーに属しています。60以上の地方にこの地位を与えています。ワインはもちろん多種多様の品質基準に適合していなければなりません。最近、これらは優れた高品質のワインである上、多くの場合お手頃値段で提供されます。格付けの名称はDOP (Denominacion de Origen Protegida) に変更されるかもしれません。

 

VdlT, ”Vinos de la Tierra" (カントリー・ワイン

ヨーロッパの他の国のワイン規定のように、ワインはラ・マンチャ、レヴァンテなどのように (かなり大きな) 指定された生産地域からのものでなければなりません。スペインにはそのような規制された生産地域が40以上があります。格付けの名称は IGP (Indicacion Geografica Protegida) に変更されるかもしれません。

 

Vino de Mesa (テーブル・ワイン

他のEUの国々でのように、テーブル・ワインはその国の全ての生産地域からのワインをブレンドで造ることができます。ラベルに地域やヴィンテージの呼称はありません。他のEUの国々と同様に、スペインではテーブル・ワインの生産はここ数年間大幅に減少してきています。格付けの名称は将来Vinedos de Espana に変更されるかもしれません。

 ワインの熟成と関連し、ボトルのフロントラベルもしくは裏ラベルに表記されるその他の呼称は次のように規定されています:

Joven (ホベン):この言葉は“若い”という意味です。これらのワインは樽熟成をしていない若いワインで、大部分がフルーティで早飲みタイプに造られています。


Roble or Barrica (ロブレまたはバリカ):バリカは樽そしてロブレはオークの意味です。この呼称は、大抵3~5か月間のクリアンサのレベルを超えない樽熟成を経験しているワインを特定しています。


Crianza (クリアンサ):クリアンサは“養育する”という意味です。クリアンサワインは少なくとも6ヶ月間オーク樽で熟成されなければなりませんが、より高品質のワインは、大抵樽で12か月間熟成します。赤ワインは少なくとも6か月のオーク樽で熟成され、出荷前に完全に2年間熟成されなければなりません。白とロゼは最低6か月のオーク樽での熟成を含み、1年間熟成されなければなりません

Reserva (レセルヴァ):これらのワインはもっと手間がかかります。赤は最低1年間のオーク樽での熟成を含み、3年間以上の熟成が決められています。白とロゼは少なくとも6ヶ月のオーク樽での熟成を含む2年間以上の熟成と決められています。

Grand Reserva (グラン・レセルヴァ):これらのワインは通常、優れたヴィンテージの時にしか造られません。出荷される前に、赤はオーク樽で2年間以上、ボトルで3年間以上熟成されなければなりません。白とロゼは、6ヶ月のオーク樽での熟成を含み、4年間以上の熟成が要求されています。多くのグラン・レセルヴァ・ワインは出荷された後で、成熟度を増すために何年間も寝かしておくことができるということを留意するべきでしょう。 

 

 


オンライン
安全決済

グキ・セラーズ ・ジャパン株式会社
231-0862横浜市中区山手町155-7

Tel : 045-232-4499
Fax : 045-623-7906